仕事・転職

【実体験】退職代行EXITを使ってみた感想 評判は?失敗するの?裁判とかあるの?

実体験 退職代行 EXIT 使ってみた 感想 評判 失敗 裁判
ねごろ
ねごろ
今の職場いろいろ辛いけど、仕事だからしょうがないかな

こんな風に悩んだことありませんか?

仕事だから我慢しなければいけない思っている人が多いと思いますが、ストレスが溜まっている状態で我慢することは非常にリスクが高いです

うつ病になる危険や、最悪の場合命を絶ってしまうことにもつながりかねません

自分の限界が来る前に何かしらの対策しておくことをおすすめします

退職代行を進めるわけではありませんが、退職代行を使うか迷われている人のために、退職代行EXITを実際に使って見た感想を紹介していきたいと思います

評判失敗するのか、裁判はあるのかといった疑問も解決できるので最後までご覧ください

  • 今すぐ会社を辞めたい
  • 退職代行がなにかよくわかっていない
  • 使った人の感想を聞きたい

退職代行とは?

ハテナ

新卒・若手社員を中心に「退職代行」というサービスが広がり始めています

退職代行とは「依頼者と企業の間に退職代行業者が仲介するサービス」です

依頼者(退職希望者)が退職代行業者に辞める意思を伝え、退職代行業者が企業に依頼者の意思を伝えます

もっと簡単に言うと、お金を払う代わりに『退職します・会社を辞めたい』と自分で言わなくていいサービスです

つまり、依頼者は会社の人と直接やりとりをせずに辞めることができます(電話やメールで会社とやりとりもする必要はありません)

そして退職代行を使った日以降は、会社に行かなくてよくなります

「本当に?」と疑いたくなりますが、本当の話です

退職代行の流れ

流れ

申請をしてから退職するまでの流れを簡単に説明します

基本的な流れはこちらです▼(※代行業者によって多少の内容の違いがある場合があります

  1. 退職代行業者に相談・申請をする
  2. 必要情報を代行業者の担当者に伝える(LINE・電話・メールなど)
  3. 退職代行業者が会社へと退職の意思を伝える
  4. 会社から許可が出たら、社員証の返却や私物の回収
  5. 退職届けの提出(郵送)
  6. 退職完了
  7. 離職票などの書類が届く(郵送)

退職代行を使う上でのメリット・デメリット

退職代行を使う上でのメリット・デメリットはこちらです▼

  • すぐに退職できる
  • 直接辞めると言わなくて良い
  • 手続きが簡単
  • 会社に迷惑がかかる
  • それなりの費用がかかる
  • 後ろめたさがある
  • 退職代行自体を使ったと言うとイメージを悪く見られやすい

このメリット・デメリットをどう受け止めるかは人それぞれです

できれば、正式な退職方法で辞めるのがベストですが、うつ病などになってしまっては取り返しがつかないのも事実です

退職代行の評判

twitterの評判

こちらはTwitter上での評判です▼

退職代行のサービスにについては賛否両論あります

ストレスはその人自身にしか分からないものなので当然と言えば当然かもしれません

退職代行を実際に使ってみた感想

ではここから実際に私が退職代行を使ってみた体験談と感想を紹介していきます

退職代行に踏み切るまで

踏み切る

職場での悩みを抱え込みながら通勤中にネットでいろいろ調べていた時に、退職代行というサービスの存在を知りました

CMで流れていましたが、その時は内容までよく見ていませんでした・・・

退職代行を利用するまでに1週間ほど悩んでいたとき

そのころはあまり体調が優れない状態が続いていましたが、ある日吐き気や腹痛で体調を崩してしまい(詳しい事情は省きます)、自分でもストレスの限界が来たのが分かりました

言葉では表現できないようなストレスです

会社に申し訳ない気持ちはありましたが、業務を続けるのは困難だったため許可を頂いて早退し、帰宅途中に退職代行を依頼することにしました

退職代行業者も需要の上昇に伴って企業数も増えているのですが、その時は大手の『EXIT』を利用することにしました

理由は

  • 単純に大手の方が確実に辞められると思ったから
  • CMで流れていたのもEXITだったのでなんとなく安心感があった

費用は正社員の場合5万円、と決して安くない金額でしたが、精神的苦痛に比べたら十分払う価値があると思いました

今ではもっと安い代行業者も出ているようです

こちらの記事で料金比較などまとめております▼

使用者 比較 退職代行 料金 サービス 違い 比較表
【使用者が比較】退職代行の料金やサービスは業者によって違いはあるの?比較表を作ってみた『退職代行業者を使いたいけど、料金やサービスの違いがわからない』という人のために、退職代行の使用者である私が退職代行業者の料金やサービスが比較できる表を作ってみたので、参考にしていただけると嬉しいです。 関連記事で退職代行サービス『EXIT』を使ってみた感想なども紹介しています...

退職代行に依頼するまでの流れ

お願い

LINEで依頼できると公式ホームページに書いてあったので、友達追加をしました

お昼の時間でこの時はまだ相談だけのつもりでした

実際をEXITをLINEで友達追加したときのトーク画面▼

EXIT友達追加画面

本当に辞めることができるのか心配になったので担当者に

「明日から本当に出社しなくて大丈夫なのか?」

と確認したところ、15分ほどで担当者から連絡があり

明日から出社しなくてもいいという内容の返信が来ました

実際に相談したときのLINEトーク画面▼

EXIT相談画面

メッセージ中にある『もちろん』という言葉を見たときの、嬉しさのような開放感のような感情は今でも忘れません

他にもいろいろ質問をすることができて、不安はかなり解消できました

そして帰宅途中(体調を崩して早退した日)に辞めたいという連絡をしたとことろ

代行料金の支払いと退職に必要な情報(名前・連絡先や辞める理由など)の提出をお願いされました

すぐに支払いと必要な情報の提出を済ませ問題なく依頼を完了させました

依頼後から退職するまでの流れ

完了

翌朝

EXITの担当者から「人事部との話がついた」と連絡が来たので完全に安心していたのですが、上司や先輩から電話がかかってきました

自分に電話をかけてこないように担当者にお願いしましたが、その後も2件ほど着信がありました

会社側からしても突然のことで、社内全員にすぐ連絡が行く訳ではないので、心配になった先輩や同僚から連絡が来るのは当たり前です

ちゃんと辞める事情を話したい場合は別ですが、私の場合は悩んでいたときに相談してもまともに聞いてもらえなかったので、会社からの電話にも一切出ませんでした

必要な情報は退職代行の担当者からLINEでちゃんと連絡してもらえました

その後は順調に手続きを行い、無事に退職

精神的苦痛から解放されたときの幸せを実感しました

残っていた有給もすべて消化し、離職票などの書類も問題なく受け取ることができました(有給については書類に希望日数を書くところがあります)

普通に退職しようとすると大体1ヶ月前から申し出る必要がある企業がほとんどだと思うので、即日に退職できる退職代行サービスは本当に驚きました

値段は高かったですが、対応などに不満は全くありませんでした

私の中では後悔のない選択をしたつもりです

私も最初は不安に思いましたが、たった1人の社員のためにわざわざ裁判を起こすのは企業にとってもメリットはありません

多額の費用がかかるだけです

EXITの担当者にLINEで質問したところ、退職が原因で損害賠償の請求となった例はないそうです

実際に質問をしたときのトーク画面▼

EXIT損害賠償質問画面

まとめ

退職代行EXITを使ってみた感想や評判、失敗するのか、裁判はあるのかについて紹介しました

しっかりと退職日の1ヶ月前に退職を希望するのがもちろんベストです

会社にも迷惑はかかりませんし、後ろめたさも少ないと思います

ですが、突然大きなストレスを抱える可能性もあるので、対策はしっかりと考えておく必要があります

そんな時の対策の1つとして「退職代行というサービスもあるんだ」と頭の隅にでも残っていれば少しは気持ちに余裕ができると思います

CMなどでも話題のココナラというサイトでは、自分のスキルを販売することができるので副業やフリーランスを考えている人は登録しておきましょう

詳しい疑問などは直接ご確認ください▼

合わせて読みたい