ブログ運営

検索の仕方を変えて効率よく情報収集!【Google】

検索
  • 検索が苦手
  • 調べるのに時間がかかる

今はGoogleで調べればほとんどのことがわかる時代です

しかし、検索エンジンは本の索引と違って自分でキーワードを考える必要があるので、苦手な人もいると思います

うまく調べることができない原因は

キーワード不足

つまり、自分が調べたいモノ・コトについての特徴をつかめていないということ

キーワード不足だと関係のない記事が増え、目的の記事にたどりつくまでに時間がかかります

今回はキーワードを見つける方法と、検索方法を工夫して効率よく検索する方法をご紹介します

キーワードを見つける方法

キーワードが何も思いつかない時

「なんて調べたらいいかわからない」という時は、思い浮かんだ言葉をそのまま入力してみましょう

検索結果例▼

検索エンジンは優秀なので意外とこれで見つかる場合もあります

単語区切りがいいと思う人もいると思いますが、調べたいコト・モノ次第では文章の方がヒット数が増える場合もあります

目的の記事が見つからない場合は、不要な箇所を削除して検索領域を広げると、より多くの記事をヒットさせることができます

キーワードが足りない時

冒頭にも書きましたが調べたいモノ・コトの特徴がわかると、検索結果もうまくいきやすく、効率よく調べることができます

キーワードにできそうな単語をリスト化しましたので使って見てください▼


  • →自分、父親、彼女、サラリーマン
  • いつ
    →朝、曜日、雨の日、季節、〜する時
  • どこ
    →職場、台所、日本
  • 目的
    →プレゼントする、綺麗にする、防止
  • 特徴
    →大きさ、重さ、形、色、肌触り、音量
  • 名詞
    →果物、PC、固有名詞
  • その他
    →〜とは、〜する方法、やり方

必要に応じてキーワードを増減してみてください

使う目的や使う場所で調べるのは、スーパーでものを探すときと同じです

検索方法

1度検索してうまくできなかった、と諦めてしまうと検索の力はつきません

検索の基本は

  1. 検索結果に関係のない記事のみ
    →キーワードを言い換える、増やす、減らす
  2. 検索結果に関連した記事が出た
    →その記事内で新たなキーワードを探す

この繰り返しです

繰り返し検索することで、どんなキーワードをいれれば目的の記事を絞り込めるか、だんだん感覚でわかるようになっていきます

キャッチボールで最初は思ったところに投げられないが、練習をしたら相手のもとに投げられるようになるのと同じです

無意識のうちに、「なるべく固有名詞をいれる」「目的をいれる」といったようにパターン化されていきます

サイト内には自分が必要としていない情報も含まれていま

特定のキーワードを調べている時に、ページ内検索をすると効率よく目的の文章にたどり着くことができます

検索方法の工夫

検索方法の工夫やオプションを使うことで、さらに効率よく検索することができます

OR検索

キーワードとキーワードの間に半角大文字でORを入れて検索すると、どちらかの内容が含まれる検索結果が表示されます

NOT検索

除外したいキーワードの前にダッシュ記号(-)を入れると、そのキーワードを含まない検索結果が表示されます

あいまい検索

不明な部分に半角アスタリスク(*)をつけると、そこを補ったキーワードの検索結果がでます

完全一致検索

キーワードをダブルクォーテーション(””)で挟むことで、そのキーワードと完全一致する記事を検索できます

サイト内検索

site:サイトURL キーワードの形で検索すると、特定のサイト内でキーワードに一致する記事を検索することができます

タイトル検索

intitle:キーワードの形で検索すると、キーワードがタイトルに含まれる検索結果が表示されます

類似サイト検索

related:サイトURLの形で検索すると、そのサイトに類似するサイトを検索することができます

リンク元検索

link:サイトURLの形で検索するとそのサイトのリンク元のサイトを調べることができます

キャッシュ検索

cache:サイトURLの形で検索すると、Googleにバックアップされたデータを使って、見れなくなってしまったサイトを閲覧できます

検索オプション

【設定】→【検索オプション】からも検索条件の変更が可能です

【ツール】は検索オプションの簡易的なもので、完全一致で検索したい場合と、期間を設定して検索することができます

おわりに

今回はキーワードを見つける方法と、効率よく検索する方法をご紹介しましたがいかがだったでしょうか

検索スピードが上がれば時間を大きく短縮できます

どんどん検索して、検索力を磨いてみてください

合わせて読みたい