ブログ運営

正しい情報か見分けるために意識したい3つのポイント

正しい情報の見つけ方
  • 色々な情報が多すぎて何を信じればいいのかわからない
  • 信じていた情報が嘘だったことがある

今はインターネット上やSNSで様々な情報が手に入ります

あまりにも多い情報量なので、正しい情報をみつけられなくて困っている人も多いでしょう(感情を動かすようなものは別です)

嘘の情報を正しいと思い込んでいると、貴重な時間が無駄になってしまうので、今回は正しい情報を見極めるために私が意識している3つのポイントをご紹介します

正しい情報か見極める3つのポイント

①「事実」に見せかけた「主張」に注意する

根拠のない主張

まず、普段私たちが読んでいる文章ですが、事実100%ではなく

事実 + 主張

で構成されていることが多いです

事実100%で書くとしたら自分で見たり聞いたりしたことぐらいでしょう

自分の主張を事実のように話す文章がありますが、断定的な言い方をすることで読んでいる側を納得させるためで、これ自体は問題はないと思います

例)〜なはず、間違いなく〜、確実に〜、〜べき

しかし、中には具体的な根拠がないにもかかわらず、断定的な言い方をしている主張があります

全ての主張に対して根拠をつけるのは難しいので、仕方がないといえば仕方がないかもしれません(おそらく私の文章にもあります)

「じゃあ、根拠がない主張は何も信じられないのか」と思うかもしれませんが

その通りです

根拠がない主張はまず疑ってみるべきだと思います

疑う視点から見る

基本的に疑う視点から情報を見た方が、正しい情報を手に入れやすくなるはずです

なぜなら、疑う視点から見ると必ず疑問が生まれるから

疑問がたくさん出てくる情報というのは論理性がない、言い換えると理屈が通っていない文章だということです

そうなると、情報の正しさも疑わしくなってきます

根拠が書かれてなくても正しい場合はあるので、あくまでも間違っている可能性があるという認識です

特に今まで自分が触れたことがない分野だと、根拠がない主張でも正しいように見えてしまいがちです

知識不足であればなおさら疑いの視点を持つ必要があり、疑問をなくすことで情報の正しさを見極めやすくなります

主張で書かれている部分ではWhy?(なぜ?)と考えて、その主張に対しての根拠が書かれているかチェックしましょう

②先入観を捨て去る

SNSをやっていると、有益な情報という言葉を頻繁に目にします

思わず反応してしまいますよね

しかし、この言葉だけで自分にも有益だと思い込むのはあまりおすすめしません

なぜなら、他人にとって有益な情報でも、自分にとっての有益な情報とは限らないからです

「有益だ」という先入観で文章を読むと、正しいかどうかを判断せず

初めて知る情報 = 有益な情報

と考えてしまう可能性が高くなります

思い込みの力をプラシーボ効果とも言いますが、これは脳を騙す力まで持っているのでけっして侮れるものではありません

なので、文章を読むときにはタイトルや感想などは気にせず、余計な先入観は捨て去りましょう

③デメリットが明示されていない

メリットばかり書いてありデメリットを明示していない、もしくは極端に少ない文章は注意が必要です

なぜなら

  • 意図的にデメリットを隠している
  • 情報不足

という可能性があるからです

デメリットは隠せば読んでいる側の選択肢も自然と狭まりますからね・・・

逆にメリット、デメリットどちらもしっかり書かれているような文章は、かなり調べられていて、かつ読んでいる側がデメリットも考慮した上で考えることができるので、信頼できる文章だと思います

これはデメリットが明示されていないものは全て信頼できないという意味ではなく、明示されていない場合は、自分でデメリットを考える必要があるということです

類似記事を参考にするのもいいと思います

その他の注意点

その他の注意点とその理由ですが、細かい内容なので箇条書きにします▼

  1. 何かの手順を説明する文章では、1度最後まで流し読みする
    →後半に問題点が書かれていたり、もっといい方法が書かれている可能性があるから
  2. データが載っている場合は、その規模や対象(人数、期間、どんな人が対象か)に注意する
    →データのとり方によって良くも悪くも見せられるから
  3. 情報の鮮度を意識する(いつ書かれたものか、更新はいつか)
    →古い情報が間違っているとは限らないが、新しい記事には新しい情報も入りやすいから(意図的に古い情報を調べたい場合は除く)

検索力を高めたい人はこちらの記事もおすすめです▼

検索
検索の仕方を変えて効率よく情報収集!【Google】 検索が苦手 調べるのに時間がかかる 今はGoogleで調べればほとんどのことがわかる時代です しか...

まとめ

  • 主張の部分は疑う視点でWhy?(なぜ?)と考えて、根拠が書かれているか確認する
  • 言葉に惑わされず、先入観を捨て去って文章を読む
  • デメリットが明示されていない文章は、自分でどんなデメリットがあるのか考える

今回紹介したポイントはあくまで私が意識しているもので、これが正しいとは限りません

しかし、膨大な量の情報や噂の中から正しい情報を見極めるためには、なんらかの判断基準は用意しておくべきです

正しい情報を見極めて、時間を効率的に使って行きましょう

こちらの書籍もおすすめです▼

合わせて読みたい