ブログ運営

【アドセンス審査】Google Adsenseに通らない人はここに注意!

google adsenseの合格率
  • 初めてGoogle Adsenseを受ける人
  • 審査に応募しているけどなかなか通らない人

Google Adsenseってなんか受験しているような感覚ですよね。笑

「これやっとけば絶対受かるよ〜」という無責任なことは言いません!

合格方法を書いている人と自分とでは状況が違うので参考(テストの過去問)にする程度にして、できる対策を全部やって合格率を上げるという戦法です

ブログ投稿をはじめてから1週間でGoogle Adsenseに合格できたので、審査を通るために何に注意していたか紹介します!

申請したときの内容

私が申請したときの状態はこちらです▼

  • ブログ運営7日目
  • 記事数4つ ➡︎ 合格時は7つ
  • カテゴリー2つ(仕事2つ、生活2つ)
  • 更新頻度は1.5日で1記事

申請した時の記事は下の4つです▼(読みにくかったらすみません)

smooz
【2019年のお勧めブラウザスマホアプリ】「Smooz」の紹介!2019年におすすめのブラウザアプリ『Smooz』の紹介です。スライドやジェスチャーなど直感的操作が豊富で快適にブラウジングを楽しめる画期的なブラウザアプリです。ぜひ試してみてください!...
Chrome 拡張機能なし ページ全体 スクリーンショット 取る方法
【Chrome】拡張機能なしでページ全体のスクリーンショットを取る方法Google Chromeのデベローパーツールという機能を使うことで拡張機能なしでページ全体のスクリーンショットを取ることができます。 表示中の画面、範囲選択、HTML要素を選択してスクリーンショットを取ることも可能です。拡張機能はなるべくを数を減らした方がスムーズにブラウジングできますのでぜひお試しください。...
実体験 退職代行 EXIT 使ってみた 感想 評判 失敗 裁判
【実体験】退職代行EXITを使ってみた感想 評判は?失敗するの?裁判とかあるの?今話題の退職代行サービス。この記事では私が実際に退職代行サービス『EXIT』を使ってみた感想と退職代行についての『評判』『失敗するのか?』『裁判(損害賠償)あるのか?』といった様々な疑問についても解説しています。...
使用者 比較 退職代行 料金 サービス 違い 比較表
【使用者が比較】退職代行の料金やサービスは業者によって違いはあるの?比較表を作ってみた『退職代行業者を使いたいけど、料金やサービスの違いがわからない』という人のために、退職代行の使用者である私が退職代行業者の料金やサービスが比較できる表を作ってみたので、参考にしていただけると嬉しいです。 関連記事で退職代行サービス『EXIT』を使ってみた感想なども紹介しています...

注意するべきポイント①

ポイントはこれ!

みなさんは注意するべきポイントはどこだと思いますか?

結論から書きます!

ユーザビリティ

だと私は思います
Google関係のことやAdsense合格の記事で検索しているとよくでてきますよね

よく出てくる言葉ということ ➡︎ キーワード

と考えました

ユーザビリティの意味を調べて見ると

「ある製品を、特定の利用者が、特定の目的を達成しようとするにあたって、特定の状況で、いかに効果的に、効率的に、満足できるように使えるかの度合い
」とされているように、一般的な「使いやすさ」とは少し異なる意味であることに注意。

引用元:Web担当者Forum

 

つまり、なにかのキーワードをGoogleで検索したときに

「この記事だ!!」

となるような独自性のある記事にすればいいわけです

その記事を読めば悩みごとや調べごとがスッキリ解決する。ユーザビリティの説明にもちゃんと適していると思います

自分が書きたい記事について一度検索してみてください

検索して同じような内容のコンテンツがありふれていたらユーザが迷ってしまうので、弾かれやすくなっているかもしれません

じゃあ何を書けばいいのか?

キーワードを増やして他のコンテンツとは違った内容に見せるのがいいかなと思います

具体的には

  • 固有名詞を入れる
  • キーワードプランナーなどで競合率が高くないものキーワードを加える

などです

競合が少なければ記事がありふれている心配がないので、独自性があると認識されやすくなるかもしれません

ブラックSEO的な考え方に感じるかもしれませんが、「競合が少ない分野を探して記事にする」というのは、ユーザビリティにも繋がると思います

記事を書く側の思考で考えてみてください

記事を書くときは多くの人に見てもらい、その人たちの悩みなどを解決したいと考える

検索回数がある程度多いキーワードを選んで記事を書く

検索回数が少ないキーワードは記事も増えづらい

ですが、検索回数が少なくてもそのキーワードを調べた人は、なんらかの情報を求めているはずです

しかし、検索回数が少ないがゆえに良い記事が見つからないというのが現実です

つまり、競合が少ない分野の記事を書くということは、こういった悩みや調べごとを解決できない人たちにとってユーザビリティ性の高い記事になると考えました

注意するべきポイント②

独自性が最重要項目だと思いますが、合格する基準が公表されてない以上、念には念を押しておいたほうが合格率は上がると思います

なのでチェックされそうな項目を2ジャンルに分けてまとめました

  • 数字系
  • ページ表示系

※審査基準に入っていないものもあるかもしれないのでご容赦ください

チェックされそうなページ不備の項目▼

数字系

  • 文字数が少ない
  • 見出しタグ数が少ない
  • 記事数が少ない
  • 誤字数が多い(明らかに誤字)
  • 運営期間が短い
  • アフィリエイト広告が多い

ページ表示

  • Google Search Consoleでサイトマップの更新やURL検査でエラーが出る
  • リンク切れがある
    (カテゴリーがあるのに記事が存在しないなど)
  • アドセンス合格記事で紹介されている必須ページがない
    (お問い合わせページはメールが確実に届くか確認した方がいいです)
  • PCとスマホのどちらか、または両方で表示不備がある
  • 読み込みが異常に遅い

特にページ表示系の項目は審査に影響しやすいと個人的には思います

審査の結果連絡はいつ?

これは審査する側が忙しいかどうかだと思うので本当に運です

私はちなみに4で連絡が来ました

しかし、Twitterを見ていると「10日以上経ってから連絡が来た」という方もいらっしゃるので

結果くるまでの間はドキドキしていても執筆に集中できないので、一旦頭の隅にでも置いて新しいブログネタでも考えましょう

合否に関わらず連絡は必ず来ますので安心してください

最後に

Google Adsenseの審査において注意するべきポイントを紹介しましたが、1度自分が審査する側の立場になって記事を読んでみてください

きっと新しい発見があると思います

万全の体制で望めば合格できると思うので、焦らずに頑張ってください!

みなさんが合格できるように応援してます

合わせて読みたい